2013年05月12日

今さら聞けない!iPhoneとAndroidって何が違うかを比較【ソフトバンク】

iphoneandroid.jpg


最近、急激に広まり続けるスマートフォン利用者。

そのほとんどの人に問われる選択肢。



「iPhone」と「Android」どっちの方がいいの??


スマホを持っている人の中にもまだよくわかってない方が多いこの疑問に、iPhoneとAndroidを比較することによって応えていきます。
オンラインショップでスマホを即日GETして、さらに7万円現金キャッシュバックを受ける方法!!



まず「スマホ」というと、Androidの方をさすと思っている方がいますが、iPhoneもれっきとしたスマホです。

「スマホのくくりの中に、iPhoneとAndroidがある」と思ってください。
(実際にはWindowsフォンなどそれ以外のスマホもあるのですが、今のところごくわずかです。)



では、その2つの違いを説明・比較していきます。

1:OSの比較

まずは、OS(オーエス)の違いが挙げられます。

OSとはオペレーショティングシステムの略で、コンピュータ上のプログラムを動かしているシステムのことです。
OSが入っていないと、スマートフォンは動きません。

パソコンでいうところのWindowsやMacintoshにあたります。

<OS比較>

【iPhone】
OS:iOS(アイオーエス)
開発:Apple
特徴:初心者でも直感的に操作できるように作られている。デザインが統一されている為、ホーム画面の壁紙を変えるくらいしかアレンジができない。

【Android】
OS:Android(アンドロイド)
開発:Google
特徴:慣れれば全く問題ないが、iPhoneに比べると若干操作性がわかりずらいかも。メニュー画面などのデザインを自由に変更可能。自分でカスタマイズする楽しみがある。


このOSの違いですが、主に操作性に差が出ます。

特にホーム画面やメニュー画面のデザインや操作方法、俗にUI(ユーザーインターフェース)と呼ばれるところですね。

この点に関しては、どちらにしても毎日使っていればすぐに慣れます。
比較する上で、そこまで重要視するところでもないかなと思います。


2:本体のデザインや種類の比較

【iPhone5】
<カラー>
ブラック、ホワイトの2種類のみ
<容量>
16GB、32GB、64GBの3種類

【Android】
各メーカーから様々なデザイン、カラーで発売している。


携帯を比較して選ぶ上で、「デザイン」というのも重要な基準ですよね。

iPhoneは、まず色が「ブラック」「ホワイト」の2種類のみです。

そこで、ほとんどの方がiPhoneカバーをつけていろんなデザインを楽しんでいます。
このカバーの種類はAndroidに比べると圧倒的にiPhoneの方が多いので、自分の気に入ったものを見つけるのは簡単かと思います。

Androidは機種によってデザインや大きさなどが異なる為、機種ごとのケースを購入する必要があります。
その為、機種によっては専用ケースを見つけることすら困難な場合があります。


デザインを重視して選びたい方は、とりあえず商品カタログに目を通して比較し、自分の条件や好みに当てはまるものをピックアップした方がいいですね。


3:付属している機能の比較

iPhoneとAndroidそれぞれに、最初から本体に付いている機能に違いがあります。


【iPhoneの機能】
・FaceTime・・・iPhone同士で無料ビデオ通話ができる。
・iCloud(アイクラウド)・・・ネット上に電話帳などのデータを自動的に保存しておくことができる。
・フォトストリーム・・・他の端末と写真データを共有できる。
・PC用iTunes・・・音楽やデータをパソコンと簡単にやりとりできる。
・カメラ画素数・・・800万画素

【Androidの機能】
・防水機能
・ワンセグ(テレビ)機能
・赤外線通信
・microSDカード
・カメラ画素数・・・約500〜1800万画素
※上記は機種によって異なります。


ざっとこんな感じ。

意外と知らない方が多いのが、iPhoneに防水やワンセグが付いてないという点。

実は防水やワンセグ、赤外線通信というのは日本特有の携帯電話の機能なんです。
海外製の携帯にはまずそういった機能はついていません。
iPhoneも例外ではないということですね。

あとiPhoneはmicroSDカードが使えないので、万が一の時の為のデータバックアップを自分でパソコンにとっておくか、iCloudという機能でネット上にバックアップをとっておく必要があります。

AndoridはmicroSD上に電話帳、メール、写真などを保存しておくことが可能です。


4:値段の比較

値段に関しては、最近はほとんど差がなくなってきました。

iPhone4Sまでは、パケット料が4,410円で今の5,460円より安かったのでiPhoneの方が料金的には安かったです。

しかし、iPhone5からはLTE通信可能になったことにより、パケット料がAndroidと同じ5,460円になりました。

あとは機種代金ですが、iPhone5は新規契約だと実質負担毎月0円〜860円です。
Androidは実質負担毎月0円〜2000円くらいです。

機種ごとの機能によって実質負担が変わってきます。
Androidの中でも毎月実質1000円以下の機種を選べば、ほとんどiPhone5と変わりません。


5:保守対応方法の比較

以前このブログでも書きましたが、iPhoneは携帯ショップ店での修理対応ができません。

その為、本体の不良を感じた時はApple社にお客様から直接電話をする必要があります。
修理時に少し手間がかかるってことですね。
さらにショップにiPhoneを持ってきても、「Appleに直接お願いします」とあしらわれてしまうこともあります。

Androidは通常携帯電話と同じようにショップにて修理受付が可能です。

6:アプリの比較

iPhoneとAndroidはアプリの種類が若干違います。

数で言うと、iPhoneもAndroidも現在約70万種類でほぼ同じです。

種類は、iPhoneとAndroidの両方で購入できるものと、iPhoneでしか購入できないもの、Androidでしか購入できないものがあります。

ようは、プレステ3とWiiみたいなもんですねw
両方で出ているソフトもあれば、どちらかでしか出ていないソフトもあると。


次にアプリの質についてです。

iPhoneアプリは、開発者がアプリを販売する為にApple社の審査に通さなければいけません。
著しくクオリティの低いものや規定に違反するようなもの、ウイルスが検出されたものはリリースすることができません。
必然的に、一定基準以上の良質のアプリが多くなります。

その反面、Androidは販売する上での審査が特にありません。
つまりその気になれば誰でもアプリをリリースすることができます。
その為クオリティが低いもの、または悪意のあるウイルス付きのアプリも中にはありますので、セキュリティアプリのインストールは必須です。
逆にそれを活かし、独創的でおもしろいアプリが多いのも事実です。

これらを比較し、何を重視するかですね。



以上がおおまかなiPhoneとAndroidの違いです('ω'*)

人それぞれ、重視するところが違います。

「操作性」
「デザイン」
「機能」
「値段」
「サービス」
「アプリ」

自分が何を一番に重視して選ぶのか?
それをもう一度確認・比較して、機種を選ぶようにしましょう。

正解はありません。


あなたが選んだもの。
それが正解です(*^-^*)
オンラインショップでスマホを即日GETして、さらに7万円現金キャッシュバックを受ける方法!!



posted by ぶんじろう at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone,iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/360691072

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。